掃除の裏技

洗剤を使わずに食器を洗う裏技

洗剤を使用せずに食器を洗う裏技を紹介します

用意するのはみかんの皮だけです。
みかんの皮には油を分解する作用がありますので、
食器に付いた油汚れをみかんの皮で拭くと洗剤を使用せずに食器がきれいになります。

洗剤を使用する量が減れば環境にも良いので、
みかんを食べたときに皮は残しておいたほうが良いでしょう。

しつこい油汚れの場合はみかん皮である程度きれいにしてから洗剤を使用するようにすれば
洗剤の量を少なくすることができますのでぜひ興味を持たれた方は試してみてください。

スポンサードリンク

カビの発生を抑える裏技

お風呂のカビに頭を悩ませている方は少なくないでしょう。
そこで、

カビが発生しにくくなる裏技

を紹介します。

至って簡単です。お風呂上がりにお風呂の壁や床にシャワーで水をかけます。
注意点は温水は絶対に避けて下さい。逆効果です。必ず冷水をかけて下さい。

これによって、カビが好む結露を無くし、結果的に湿気の減少が見込めます。
つまり、浴室内の霧状態の湯気を冷やして水にして流すのです。これだけでカビの発生を遅らすことができます。

より効果を出したいならば、シャワーで壁や床にかけた水をハンドワイパーで切っておきましょう。
目に見えてカビを抑制できるでしょう。

ちなみに、ハンドワイパーは100円ショップで買えます。

是非、お試し下さい。

スポンサードリンク

変色した銀のフォーク・ナイフの輝きを取り戻す裏技

銀のフォーク・ナイフは、お客様のもてなしのときしか使う機会がないので、いざ使おうとしたときに真っ黒なんてよくある話です。
これをきれいなピカピカに戻す裏技です。

銀のフォーク・ナイフをピカピカにする裏技

●用意するもの:鍋・アルミ箔・約10cm・塩・お湯2L

●裏技
鍋に2Lのお水を沸騰させて、塩を大匙1.5杯入れます。
次にアルミ箔を細かく千切っていれます。そこに、フォーク・ナイフを静かにいれます。
ヤケドに注意してください。

約10分間、煮沸するとキレイになります。

煮沸前に、フォークが汚れていれば中性洗剤でスポンジを使わずに洗ってください。洗剤を残さないようにしてください。

よく、歯磨きと歯ブラシで洗う裏技が紹介されますが、傷がつきますから控えるのが賢明です。

スポンサードリンク

銀製品の黒ずみを落す裏技

ほっておくと黒くなってしまう銀製品。
この銀製品の黒ずみを家庭にあるもので落とす裏技があります。

用意するものは
・歯磨き粉
・ぼろ布

裏技は簡単、布に歯磨き粉をたっぷりとつけて磨くだけです。
銀の黒ずみの原因は、空気中の硫黄と銀が結合してできた硫化銀。

歯磨き粉にはこれを落す成分が入っており、
さらに磨くためのコンパウンドも配合されているため、
ぴかぴかな銀を取り戻すのに最適なのです。

市販の銀磨きに比べて時間はかかりますが、
歯磨き粉で銀のお手入れができるのはお得ですよね

ガラスコップの曇りを取る裏技

大切なグラス、お気に入りのガラスコップを買った当時の輝きを取り戻す裏技です

●用意するもの:粉末の重曹、キレイな綿の布巾、ぬるま湯

●裏技

手を先に洗います。手のひらに、重曹の粉末を大匙1杯程度付けて、ぬるま湯でグラスを丁寧に洗います。
この時、食器洗いのスポンジは決して使わないでください。

洗い終わったら、付近で水気を拭きます。乾かして終了です。
汚れが取れないときは、500mlの40度くらいのお湯に重曹を大匙2杯程度を溶かして1時間ほど浸けてから、洗浄します。

下駄箱の脱臭をする裏技

下駄箱の中の臭いはなかなか消えません。
換気するために扉を開けておいても、
靴そのものに臭いがついてしまっているので効果はあまりありません。

そこでコーヒー豆を使って、下駄箱の臭いを消す裏技を紹介します

コーヒー豆は新しいものである必要はありません。
挽いてコーヒーを入れた後のもので大丈夫です。

まず、このいらなくなったコーヒー豆を十分に乾燥させます。
乾燥させたものを下駄箱に入れるだけで脱臭効果を発揮し、いやな臭いがなくなるのです。

簡単ですので試してみてください。

子どもの上履きの白さを保つ裏技

上履きを白いままにしておく裏技を紹介します

用意するもの

・新しい上履き
・防水用スプレー

喚起をするか、屋外で、新しい上履きに防水用スプレーを満遍なく、吹きつけます。
靴底以外、靴底の中も外側も全部吹きつけます。その後、風通しの良い所で干し乾かします。

乾いたら、普通に使用します。

スプレー後靴の中は最初少しツルツルするので、気になる方は外側だけお試しください。
当分の間、汚れにくい気もしますし、汚れも洗うと簡単に落ちます。

外側だけでも、上履き洗いがずいぶん楽になると思います。

床に描いたクレヨンが簡単に落ちる裏技

お子さんがいらっしゃる家庭では、
小さい子供が床にクレヨンで落書きをしてしまった、
ということもあるのではないでしょうか。
このような、なかなか落ちない

クレヨンを簡単に落とす裏技を紹介します

用意するものは、フリースなどの乾いた布。これでふき取るだけです。
多くの方は濡れた雑巾などで拭いていたかと思いますが、
これは実はクレヨンの油分をはじいてしまい、汚れが伸びるだけだったのです。

そのため、カラ拭きの方が汚れと繊維が直接触れるため、きれいに落とせるのです。

ベランダをきれいに掃除する裏技

毎日洗濯物を干すベランダ。糸くずや髪の毛、ホコリで床の部分がだんだん汚れていきますよね。
ホウキで掃いても細かいものは取れないし、糸くずや髪の毛は床の溝や隅の部分に挟まってなかなか取れません。
寒い冬、ベランダに雪が積もった日はベランダ掃除のチャンス。

ベランダを綺麗に掃除できる裏技

裏技はカンタン。
ベランダの床に積もった雪を、チリトリで集めて捨てるだけ。
雪が細かいほこりや髪の毛などをからめ取って、驚くほどきれいになります。
集めた雪をしばらく庭の隅にでも置いておけば、しばらくすれば雪は融けるので、その後ごみだけを捨てればラクチンで

取れない食事のシミを取る裏技

子供がいると服にたくさんの食べ物のシミが残ります。
中でも嫌なのがミートソースやカレーのシミです。
なかなか洗っても取れずあとが残ったりもします。

その

シミをきれいに取ってしまう裏技です

こんな時には固形石鹸が役に立ちます。
シミのところをお湯で濡らして固形石鹸でこするんです!
何度かやってるうちに頑固なシミが取れてしまします。

そのあとは普通に洗濯するだけでシミがなくなってしまいます。

今まで汚れで諦めていたお出かけ用の洋服も見事に復活してくれるのでありがたいです。

石鹸自体は何でも大丈夫です。
小さくなって使わなくなったもの香りにあきたものなど・・・。
捨てずに使えるので無駄にならずにいいと思います。

すべてが取れるわけではありませんがオススメです。