健康・美容の裏技

しゃっくりを一発で止める裏技

コップに水を8分目くらいまで入れます。

普通はコップの手前に口をつけると思いますが、それをその奥の方に口をつけて飲むのです。
ちょうど深くお辞儀をしてコップを抱え込みながら飲むような形になると思います。

飲み終わる頃にはしゃっくりが止まっているのです。
注意する事と言えば、急いで飲むと少し苦しいことぐらいかと思います。

スポンサードリンク

髪を早く乾かす裏技

ドライヤーと乾いたタオルで、髪を早く乾かす裏技です

ドライヤーを当てる際に乾いているタオルを髪に乗せ、
その上からドライヤーを当てるだけです。

髪の毛の水分をタオルが吸ってそのタオルを乾かすことで
タオルが髪の毛の水分をドンドン吸い取ってってくれます。

特に髪の毛の量が多い、長い人だと時間が驚くほど短縮されます。
気をつけるポイントは乾くのが早い分、髪の毛の乾燥状態になりやすいので
その後の保湿などのお手入れも欠かさないようにしてください。

スポンサードリンク

薄毛対策に炭酸水洗髪がおススメ

薄毛対策に「炭酸水で洗髪」が効く、という噂があります。

また、炭酸水の他に重曹使用も良い感じだよ、という説も。

温泉でも炭酸泉・重曹泉は美白にいいと言います。
どちらも、地肌を良い感じに刺激し汚れを落とすのでしょう。

以前より「シャンプーを低刺激性なものに代える」という方法が広まっていましたが、
これだと いかんせんコストがかさみます。上記方法はオサイフにも良さそう。

炭酸水はコンビニで、重曹はスーパーのお菓子・調味料コーナーや100円ショップのお掃除コーナーで入手できます。

ただし頭皮はデリケートなもの、くれぐれも【やりすぎは禁物】です。

少ない量から試していくのがベターです。

スポンサードリンク

髪の毛の静電気を防ぐ裏技

空気が乾燥している季節、静電気に悩まされますよね。
ブラッシングでビリっとくるのもイヤですが、
静電気は枝毛や抜け毛の原因にもなりやすいそうですよ。

今回は、

髪の毛の静電気を防ぐ裏技の紹介です

髪の毛の静電気の原因は、一言でいうと、乾燥です。
ですので、髪にシュッとひと噴きスプレーのようなものがあればいいんですけど、
現在、そういう製品はないみたいです。

衣料用の静電気防止スプレーは、よく見かけるんですけどね。
髪に使うのはお勧めできません。

結論を申しますと、いちばんの対策は、髪の水分を逃さないようにすること。
洗い流さないトリートメントであれば、保湿効果があり、なによりの静電気対策に。
また椿油も潤い効果が高く、お勧めできます。

逆に、洗浄力の強いシャンプー、またドライヤーの熱は髪を乾燥させ、
静電気の原因になってしまいます。
髪の毛のダメージの度合いが激しいと、摩擦によって静電気が起きやすいようです。

それとブラッシングの際は、裸足になってからブラッシングすると、
足から放電されるので、静電気が起きにくいよう。
毛先から始めて、少しずつとかすようにするのが良いですね。
更にトリートメントスプレーをかけてすると髪を保護してくれますよ。

ドライヤーは髪に近づけ過ぎず、一か所に集中しないように、
髪の根元からかけるようにしたら、だいぶ変わってくると思います。

歯を白くする裏技

白く美しい歯、憧れますね。
こちらでは、ご自身の歯を白くする裏技をいくつか紹介していきます

歯を白くするには、表面の着色を落とすやり方、
内部の着色を化学的に分解し明るさを上げるやり方、
元の歯を白い色で覆い隠すやり方などがありますね。

歯磨きで歯を白く

それほどお金をかけたくないのなら、歯磨きで白くするのがお勧め。
もちろん、費用は安くすむ分、効果は限定的。

ただ歯の表面の汚れなら、ドラッグストアに置いてある市販のホワイトニング用の歯磨きや
ホワイトニングジェルでもある程度白くできます。

最近、人気なのは、ポリリン酸ナトリウムなどの化学的に色素を分解するタイプですね。
それと、海外の製品を使用する場合は、歯科医師の診断を受け、歯科医師の指導のもとで使用してくださいね。

クリーニングで歯を白く

着色性の食品(赤ワイン、カレー、タバコ、コーヒー・・・etc)を取り続けると歯が着色してきます。
歯の表面に付いている色素は、ほとんどの歯科医院で受けることができるクリーニングで白くすることができます。
効果としては、元の歯の色に戻るということなので、元の歯の色以上に白くするはできません。
料金は本数によりますが、数千円~1.2万円くらいです。

ホワイトニングで歯を白く

アメリカでは99%の歯科医院で行われているポピュラーな方法です。

ホワイトニングは歯の明るさを上げて白くするやり方なので、自然な感じで白くなります。
極端に濃い歯の色の場合や、抗生物質で変色した場合などでは、白くならない場合があります。

ホワイトニングは、大きく分けて2つあり、
審美歯科やホワイトニングサロンで受けることができるオフィスホワイトニングと、
歯科医院などでマウスピースを作って自宅で自分で行うホームホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニングの料金は、まちまちです。
1回で白くなるのでは、50,000円~70,000円、
1~2回で白くなるので1回20,000円~40,000円くらい、
数回かかるものだと1回数千円~20,000円程度です。

また自宅で行うホームホワイトニングは、濃度や回数によって20,000円~50,000円位です。

マニキュアで歯を白く

マニキュアは歯の色を遮断して白くするため、元の色がどんなに濃くても白くすることができます。
歯の色が濃く、ホワイトニングで白くならない場合、真っ白い歯にしたい場合のやり方です。

短い期間のもので1本数千円、それよりも長く、数年もつもので1本1万円前後します。
日本では、一部の審美専門の歯科医院などで受けられます。

大人になってから、身長を伸ばす裏技

少しでも背を伸ばして、スタイル良く見られたい。
でももう大人だし、背は伸びないかな。。
って思ってしまっている人はありませんか??

今回は、

大人になってから、身長を伸ばす裏技を紹介します

成長期を過ぎてからでも、身長は伸ばすことはできますよ。
しかもお金をかけずに、ね。

では、どうしたらいいのかというと、
やることは簡単。骨格のゆがみを直してゆきます。また、ゆがまないようにします。
人間は、ついつい楽な姿勢を取ってしまいなのですが、それは骨格のゆがみを生み出す原因となっている場合が多いです。
足を組んだり、脚の重心をどちらかにかけて立ち続けたり、机に片肘をついたり、思い当たる節はいろいろありますよね。

これらを止めてしまえば、やがて骨格のゆがみが直る場合があります。
それによって、身長が僅かに伸びることもあります。
もちろん、正確に言うと、元の身長に戻ったということですね。

体にもいいですし、いい姿勢を保ち続ける習慣を続けると、
首、肩、背中、腰・・・etc 色々なところの不具合が楽になってゆくかもしれません。
「あ、いま悪い姿勢になっているな」と思ったら、すぐに修正するクセをつけるととても良いですよ。

この方法は難しくも辛くもありませんが、常に意識し、継続することが重要ですね。
お金もかかりませんし、小さな意識改革をすれば良いだけ。

もちろん、お金をかけて、カイロプラクティックなどに通えば、より高い効果を期待できると思いますよ。

汗をかかない裏技

暑い夏、汗のしまつは大変ですよね。特に汗かきの人は、いつまでも汗がひかず、一人で汗を拭いているので、不潔に思われるのではないかと不安になる人もあるようです。

汗を早めに止める裏技と、なるべく汗をかかずにすむ裏技を紹介します。

汗を早めに止める裏技

方法1:濡れたハンカチで首の後ろを冷やす。

首の後ろには太い血管が通っているので、この部分を冷やすと、体全体が冷えた感じになるので汗がとまりやすくなります。ハンカチではなくても、冷たいジュースなどでもOKです。

方法2:腋の下(特に左)を冷やす。

これも方法1と同様に、腋の下(特に左側)を冷やすことで、血液を効率的に冷やすことができます。

汗をかかない裏技

和服を着ている人が顔に汗をかかないようにする裏技を紹介します。化粧崩れが気になる女性の方にもおすすめです。

方法は簡単。胸(乳首の上あたり)を、帯止めくらいの幅のヒモでしばります。すると、なぜかこれだけで首から上の汗をかきにくくなるのです。