衣類・洋服の裏技

アイロンじわを防ぐ裏技

ワイシャツなどいきなりアイロンをあてるとアイロンじわになったりすることが多いと思います。

これを防ぐには、アイロンをあてる前に、
手のひらをアイロンに見立ててワイシャツをなでるようにあてておくのです。
もしそのときにワイシャツの生地の伸びが悪かったり引っかかりがあったりすると、
そのままではアイロンじわになる確率が大です。

少し面倒ですが手のひらでアイロンをあてるように生地を伸ばしてからあてると、
実際にアイロンをあてたときにスムーズにアイロンが動きアイロンじわをかなりの確率で防いでくれます。

ちょっと手間ですがアイロンじわができてしまってそのしわをとるために、
しつこく時間をかけてあて直すよりかは、時間は節約できるはずです。

スポンサードリンク

部屋干しの裏技

花粉が飛び始めている今の季節、洗濯物を外に干さず、部屋干しにしている方も多いと思います。
そこで、部屋干しの際に洗濯物を早く乾かす裏技を紹介したいと思います。

その裏技は簡単で、洗濯物の下に新聞紙を敷くだけです。
新聞紙を敷くことによって、洗濯物に溜まった湿気が新聞紙に吸収されるため、乾きが早くなるのです。
たったこれだけのことですが、普通に部屋干しするよりも、最低でも1時間は乾きが早くなります。
とても簡単なのでぜひお試し下さい。

スポンサードリンク

ワイシャツのアイロン掛けのコツ

ワイシャツをアイロンでパリッと仕上げるコツを紹介します

それはワイシャツを洗濯機で洗った後、干さずにすぐにアイロンを掛けることです。

濡れたままのワイシャツにアイロンを掛けるとのり付けをしなくても、
驚くほどパリッと仕上がります。

またワイシャツが乾くのも早くなるので一石二鳥です。
注意点はワイシャツが濡れているので、一か所にアイロンを当てすぎると焦げてしまうことです。

高温になるアイロンの先端での作業時には特に注意して下さい。

スポンサードリンク

きついスカートを楽に穿く裏技

きっついスカートが、スムーズにはける方法をご紹介します

特に必要な道具はありません。
まず、スカートのファスナーを外し、足首に通します。

次に、膝を重ねるように足をクロスし、そのままスカートを上にあげていきます。
そうすると、不思議な事に、するすると通っていきます。

ウエストの位置を合わせ、ファスナーを閉めてから
足を戻せば、綺麗にスカートが穿けています。

この方法ですと、
タイトスカートのようにぴったりしたスカートはもちろん、
少し太ってしまって、入りにくくなってしまった場合や、
冬場の着ぶくれている時でも、楽々穿けちゃいます。